お花

納骨堂なら費用をかけずに永代供養ができる

心のこもった賢い供養

お墓

永代にわたる安心の準備を

永代供養の言葉の意味は、霊園に行ってお墓参りをしてくれる人がいない、またはお墓参りに行けない方に代わって、寺院や霊園が管理や供養をしてくれる埋葬方法のことを指します。近年、大変流行し始めたこの永代供養は、様々な事情で供養ができなくなったお墓がいずれ撤去され、無縁仏などとされないように、親族のいるうちに事前に供養を依頼する仕組みです。神奈川県内にはこのような永代供養墓を取り扱う霊園が、多数あります。永代供養墓の特徴はまず、寺や霊園が責任をもって供養や管理してくれることです。また一般のお墓よりも費用を抑えられる点で、合同墓のため墓石代がかからず墓地の使用料なども安くなります。事前に契約料を支払えば、その後料金の支払いは不要となる場合が多いので、核家族化が進む神奈川の中で引き継いでくれる親族がいなくても安心です。他には多くの場合、交通の便が良いところにあるという特徴があります。電車の駅から近かったり、神奈川県内でも郊外であれば、広い駐車場を完備している霊園もあるので、お墓参りに来る人の足を考えて選ぶという方法もあります。また、永代供養を行っている霊園の多くは、宗派や宗旨を問わないというのも嬉しい点です。逆に注意すべきこととしては、合同墓では遺骨と二度と取り出すことができない、将来的には合祀になることへの理解が必要となることなどがあります。疑問点は事前に神奈川県内の霊園によく確認しておきましょう。