お花

納骨堂なら費用をかけずに永代供養ができる

希望のお寺の探し方

数珠

供養や費用の違い

京都で永代供養をしているお寺を探すのなら、お寺側が行う供養や費用について調べておいたほうがいいでしょう。永代供養は基本的に共同墓に納骨されますが、供養の仕方や費用については京都のお寺で違いがあります。永代供養を考えている場合は、早めにこれらを調べておいたほうが後悔せずに済みます。お寺が行う供養については、10回忌や30回忌をめどに終わるというのが一般的です。毎年お彼岸の時期に行われたり、毎月行うところもあるので、その違いからお寺探しをしていくのもいい方法です。ただし、供養が終わったとしてもそのお寺に管理されてあることには違いはないので、安心して永代供養をお願いすることができます。そして、永代供養の費用は最初から共同のお墓に納骨して一斉に供養してもらう方法と、途中から納骨堂から共同墓に納骨する方法とで差が出てきます。最初から納骨する方法では、費用は5万円から10万円が相場となります。しかし、途中からの納骨では、それまで使用していた納骨堂の費用も合わせればそれ以上かかってしまう可能性があります。京都には、納骨堂を持たないお寺もあるので、最初から共同墓に納骨する場合も少なくありません。この辺の違いや、故人や家族の意思によって費用も増大することから、納骨の希望をまとめておくことも必要です。以上のような点から、その違いを調べていくと希望のお寺が見つかるようになります。京都にはお寺の数も多く、永代供養を紹介しているサイトもあります。そういった情報収集を上手く行いながら、家族の意見も尊重しながら探していくのがおすすめです。